住宅

原因を知る

黄色の耳栓

日本人の多くが悩まされる症状として、耳鳴りがあります。耳鳴りとは、実際には聞こえない音が耳の中で聞こえ続ける症状です。その主な原因とは、仕事などのストレスや寝不足によるものです。人間は、ストレスを溜めすぎると自立神経系のバランスを崩してしまいます。その結果、内耳のリンパ液がたまって圧迫されることで、耳鳴りがするようになります。 その他の要因として、体の老化によっても引き起こされます。歳をとると、基本的に聴力が低下していきます。そのため、今までは聞きとれなかった周波数の音が、耳鳴りを引き起こします。 また、耳鳴りと同時にめまいを伴う症状の場合、病気によって引き起こされている可能性があります。たとえば、メニエール病や片方の耳が聞こえなくなる突発性難聴の疑いがあります。いずれの病気も進行すれば、治療が困難です。よって、早めの治療が大切となります。

耳鳴りがした場合の対処法として、まずは自分の生活習慣を見直すことが大事です。ほとんど原因として、ストレスによって引き起こされています。なので、質のいい睡眠、趣味などで上手くストレスを発散することが大事といえます。その他にも、食事面についても、野菜を多く摂ってバランスの良い献立を心がけることが大事です。このように日常生活を改善することで、基本的に耳鳴りは治まってくれます。 それでも耳鳴りが治まらない場合は、何らかの病気を発症している可能性があります。半日以上、症状が治まらない、めまいや難聴を伴う場合、病気の疑いが高いです。なので、症状が進行しないためにも、早めに病院に行って治療を受けることが大事です。